信州さらしな
月の里唄

信州さらしな月の里唄とは

「信州さらしな月の里唄」は、万葉人にも歌われた更科の月をモチーフに、千曲市の名所旧跡に四季折々の風物詩を織り込んだ12分にわたるオリジナル舞曲です。 「信州さらしな月の里唄」は、富山市八尾町の「おわら風の盆」を規範とする趣旨に賛同する発起人4名のボランティア市民により、2012年3月にCD化されました。
「風の盆」の'風' vs 「月の里唄」の'月'、共に静かな旋律やリズムや唄の長さも通底しています。

  • 作詞:並木眞人
  • 作曲:みやさか とみお
  • 編曲:山田 恵範
  • 唄 :青木 雅子
  • 振り付け:宮島 典余

活動紹介

信州さらしな月の里唄を全国区へ!!

信州さらしな月の里唄実行委員会では、この「信州さらしな月の里唄」の唄と踊りを地域に浸透させ、さらには全国に伝え、千曲市の内外からお客様を呼び込む芸能資源に育てあげたいと考えています。
現在、さらしな月の里唄&月のイラストロゴ入りの着物を35名余りの共鳴者が購入してくださり、編み笠被り姿で祭りやイベントなど各方面において、優美な舞曲を披露しています。
主に最寄の公民館を借りて、指導者のもと稽古に励んでいます。踊り手・スタッフ募集中。

【毎年恒例の主な参加活動】

  • 稲荷山公民館主催の文化祭
  • 戸倉上山田温泉夏まつり
  • 観光協会主催の【おばすて観月祭】
  • 武水別神社の大頭祭(年度による)
  • 長楽寺本堂にてギタリスト吉川忠英氏と共に【満月ライブ】
  • ※平成26年【棚田姫】作詞 並木眞人 作曲 吉川忠英 を発売
  • ※オリジナル舞曲【信州さらしな月の里唄】の組曲【月の花挽歌】を平成27年クラウン徳間ミュージック販売より全国販売

小説の挿絵募集

小説の挿絵を描いてくださる方を募集します!

高橋治著、小説「風の盆恋歌」に倣い、小説「月の花挽歌」を連載中です。連載終了後は信毎書籍出版センターより単行本で発行します。
その本の挿絵を描いてくださる方を募集しています。描いてみたい!と思う方は是非ご連絡ください。

お知らせ

2020/02/08
稲荷山公民館文化祭  ▼ クリックすると写真が見られます。
「信州さらしな月の里唄」の写真  「月の花挽歌」の写真
2019/10/21
『銀河鉄道桑ノ原』看板のソーラーパネル部を最良位置に移動しました。
これで夜間もハッキリと見えるようになりました。
有限会社唐沢様のご厚意に感謝申し上げます。